パワーブレンダー工法

粉体噴射方式

最大改良深度
6M

粉体噴射方式とは

軟弱地盤中に粉体の改良材を供給し、強制的に原位置土と撹拌混合することにより土と改良材を化学的に反応させて、強度を高め土質性状を安定化させる工法です。

粉体噴射方式の特徴

改良深さ6mまで対応可能

高含水の対象土に有効

施工管理装置により信頼性の高い施工が可能

施工システム

中層混合処理工法に関してのお問い合わせはこちら

東日本


西日本