技術&ソリューション 地盤改良 ヒートソイル工法
地盤改良のCO2削減工法

ヒートソイル工法

ヒートソイル工法 高温スラリー吐出状況・蒸気ボイラー

ヒートソイル工法とは

スラリー噴射方式に蒸気ボイラーで発生させた高温蒸気にて高温化したセメントスラリーを軟弱地盤中に供給し、強制的に原位置土と撹拌混合することにより、安定処理土の昇温を図る工法です。

ヒートソイル工法の特徴

早期強度発現

固化材添加量を低減

固化材添加量低減により、固化材の製造に伴い排出されるCO2を削減

高い養生温度の確保により、寒冷地の厳冬期施工においても安定した品質が得られます。

施工システム

ヒートソイル工法施工システム図