平成26年度
工事成績優秀企業認定

平成27年度
工事成績優秀企業認定

平成28年度
工事成績優秀企業認定

平成29年度
工事成績優秀企業認定

より良い環境と豊かな社会を築くため、自然環境との共存を目指します。

加藤建設は、100年に及ぶ歴史の中でその技術力を活かし、国土開発の一翼を担う様々な工事を手掛けてきました。 土木構造物は自然の中に人工的に構築されるものなので、自然破壊につながります。 現在では豊かにする社会基盤の建設において、自然環境との共存が求められています。 加藤建設は、人と自然が共存できるよう環境に配慮しながら、次の世代が安心して暮らせる街づくりを目指します。

技術者としての誇りを持って

加藤建設の土木事業は、創立当初から会社の中枢を担い、橋梁や道路・上下水道などの幅広い分野で人々の生活基盤を支えてきました。
土木事業は国及び地方自冶体からの受注が多い中、近年では入札方式に総合評価落札方式が導入され、技術力の必要性は今まで以上に重要となっています。加藤建設では100年に及ぶ経験と実績のもと、多彩な技術を有し、あらゆるニーズに応えるため、施工技術の研究開発を積極的に行っています。
これからも幅広い分野で“技術の加藤”を発揮していきます。

発展をつづける日本の道

道路建設は、産業社会の発展の上で重要なものになってきました。
最近の一般道路は、既改築済の区間の再構築に重点が移行しています。そのため舗装工事にも高い技術が要求されます。低コスト・短期間で、より路面を強化する工法が必要になっているのです。
また、騒音・振動問題の解決など、道路と環境の調和も道路建設の重要な課題です。
当社の舗装工事に使用される特殊技術は、環境保全効果を発揮します。さらに、関連会社を通じて高品質なアスファルト合材を、短期間・低コストで生産できる体制を確立。
経済的で質の高い舗装工事を可能にするべく、企業全体で努力しています。

潤いある社会のために

近年、下水道普及率は着々と上昇していますが、まだ完全ではありません。
当社では、社会を潤いあるものにするために、上下水道施設工事を積極的に行なっています。水資源を有効に利用するとともに、豊かな自然環境を保全するためにも急速な上・下水道の施設工事の推進が必要となっています。
当社では、低コストで設置・運営ができ、高い浄化能力を持つ河川・湖沼・下水浄化施設の研究開発に取り組んでいます。
このように、新しい技術の開発を上下水道施設工事に活かすことによって、 水資源の有効利用を促進しています。