技術&ソリューション 圧入ケーソン アーバンリング工法
都市型多目的圧入工法

アーバンリング工法

適用圧入径 φ3.0M~15.0M
適用圧入深度 70M程度
(立坑・基礎・駐輪場)

アーバンリング工法

アーバンリング工法とは

近年都市部における地下空間利用は目覚しいものがあります。ただ都市部であるが故に工期、施工ヤード、周辺環境などの厳しい施工環境への対応が要求されます。アーバンリング工法とは、そのような環境を配慮して開発された地下構造物構築後方でアーバンリング(分割細立型土留壁)を用いた多目的なシステム工法です。

アーバンリング工法の4大特徴

周辺地域への影響が少なく、安全・確実
地盤改良が不要で、掘削時の坑内は無人です。周辺環境と作業現場に優しい安全・確実な都市型工法です。

狭隘な施工ヤードに柔軟に対応
施工ヤード幅・面積などの制約条件に柔軟に対応できる都市型工法です。

路下・上空制限にも対応できる。
高架下での施工にも対応できます。

ビルトリング方式で機動性に優れている
道路上での一時占有帯による施工が可能で、交通ピーク時は道路開放ができます。

使用部材

用途に応じて2つの部材をご用意しております。
鋼製施工

鋼製施工
部材が小型軽量であり、
任意の径で施工可能です。

RC施工

RC施工
直接本体利用できるため、
急速施工が可能です。

用途

立坑

用途図

人孔

用途図

橋梁下部工

用途図

橋脚補強

用途図

サポートシステム

圧入工事における様々な問題を解決

圧入工事における、様々な問題を解決すべく、加藤建設独自の視点にて検討開発したサポートシステムです。
圧入技術の根幹となるジャッキシステムから、硬質地盤対応に至るまで、あらゆるニーズに対応すべく、私たちは日々努力を重ねています。

グリップジャッキ

グリップジャッキ

高性能ジャッキ及び制御システムにより、高精度な施工を実現。

拡縮自在掘削システム

拡縮自在掘削システム

硬質地盤から普通土まで、可動翼により安定した掘削が可能。

【低排土式】先行削孔工法

【低排土式】先行削孔工法

コンパクトで低コストな先行削孔技術を独自開発。