女性社員によるホンネ座談会
女性社員によるホンネ座談会

とにかくみんな仲が良いですね。アットホームな職場で、特に女性にはみんな優しくしてくれます。
多少のわがままなら聞いてもらえますし、仕事やプライベートでの悩みや不安も相談に乗ってもらえます。
やることをやっていれば休みも取りやすいですよ。<吉田(総務課/事務)>

女子パト(※1)で休憩所のコーディネートを任された時は、絨毯を敷いたり可愛いクッションを置いたりしました。
女子トイレも可愛く変身させて、やりすぎかな?と思うことでもどんどんチャレンジをさせてもらいました。
私たちの意見を尊重してもらえるのが嬉しいですし、自分の考えを形にしていけるのがとても楽しいです。
<大谷(広報課/事務)>

現場ではみんなフレンドリーな感じですね。
比較的大きな現場に配置してもらっているので チームで仕事してるっていう感じが楽しいです。
わからないことも感じよく教えてもらえるし、 早く一人前にならないとって頑張れますね。
<和田(工事課/施工管理)>

(※1)女子パト(女子パトロール隊)については こちら

女性社員によるホンネ座談会

子どもと一緒に参加できる農業体験研修や自然観察会などいろんなイベントがあって楽しいです♪
その他にも、かにえ町民まつりや環境デーなごやなどに参加して、
楽しみながら地域貢献ができるのが嬉しいですね。<下川(営業課/事務)>

女性でも活躍する場がたくさんあってやりがいもあるから、辞めたいって思ったことはないですね。
気付いたらいつの間にか10年以上働いています。居心地が良いんだと思います。
<我妻(営業課/事務)>

私が担当した現場には女性専用のトイレや更衣室を設置してくれました。
男性中心の仕事なので男女共用を覚悟していましたが、
シャワールームまで設置してくれた時は驚きました。
働きやすい現場にしていただいて本当に感謝しています。<和田>

女性社員によるホンネ座談会

女性社員が中心の取り組みといえば「女子パトロール隊」の活動ですね。現場をコーディネートして喜んでもらえると嬉しいです。
普段別の事務所にいる女性社員と話もできて楽しいし、情報交換もできるのがいいですね。<江口(工事課/事務)>

エコミーティングに参加できるのも楽しいですね。工事現場の柵の中に事務員が入るなんて他の会社では体験できないと思います。
東京支店では私が中心になって「野のくさプロジェクト(※2)」に参加しています。エコミーティングで学んだことが活かせるし、結構自由にやらせてもらっているのですごく楽しいです。<我妻>

(※2)野のくさプロジェクトについては
日本生態系協会のサイトをご覧ください。
http://nonokusa.jp/index.html

女性社員によるホンネ座談会

若いうちから仕事を任せてくれるのが嬉しいですね。
自分の手掛けた構造物が完成した時の達成感が一番のやりがいです。
任された以上責任をもってやり切るのは当然ですが、
女性ならではの視点で地域コミュニケーションや働きやすい職場づくりも率先して行っています。
また、高速道路の橋脚をつくる工事では、
隣で他の会社が工事をしていることが多く、どうしても比べられがちです。
エコミーティングで出た意見を参考に横断幕にビオト君(※3)をいれたり、意見ボードを設置したりと地域の方とのコミュニケーションをとるための様々な工夫をして他の現場より高い評価をもらえるように努力をしています。
私のような女性の活躍が地域との架け橋になると嬉しいですね。<和田>

(※3)ビオト君:加藤建設のゆるキャラ

女性社員によるホンネ座談会

娘が生まれて、産休・育休を経て職場復帰しました。
復帰後は9時~16時の時短勤務をさせてもらっているので、
保育園の送り迎えや家事との両立もして、子どもとの時間も大切にできています。
制度もそうですが、理解してくれているところに会社の優しさを感じますね。
<岩瀬(総務課/事務)>

以前の時短勤務の制度は、今と比べて期間が短く「子どもが3歳になるまで」でしたが、
出産した社員にヒアリングして制度の見直しをしました。
今では小学校卒業まで時短勤務の延長ができるんですよ。
こうして社員の要望をどんどん聞いて、働きやすい環境に変えていけるところが嬉しいですね。
<吉田>

そういえば、半日有給休暇の制度も技術アイデアコンテスト(※4)の発案で
すぐ制度化されましたよね。 すごいなって思いました。
私も小学生と中学生の息子がいますが、学校の行事で午前中だけ休みたいとき半日休暇が使えるので
とても助かっています。<下川>

(※4)技術アイデアコンテスト:年に1回開催される社員アイデアの発掘のコンテスト。
社員であれば誰でも応募できる。

女性社員によるホンネ座談会

家族慰安制度(※5)と一週間連続休暇(※6)を併用して、遊園地のはしごをしたんです。平日の遊園地はゆったり遊べて最高でした。次の連続休暇では遠方にいる友達に会いに行ったり、2~3日の休暇ではいけないような海外旅行に行きたいですね。<江口>

私も一週間連続休暇を使って、タイに旅行に行きました。プライベートが充実すると仕事も頑張ろうと思えますね。次はどこに行こうか検討中、来年の連続休暇が待ち遠しいです。<大谷>

休暇中は、他の人に現場を任せなければならないので何でも自分でやりたい私としては正直心配です。でも、引継ぎのために仕事の整理をすることで段取りを見直せるので、逆に仕事の効率があがりました。<和田>

(※5)家族慰安制度:年に1回、家族と一緒に遊園地に無料で行ける制度
(※6)一週間連続休暇:年に1回、全社員が一週間の連続した休暇の取得を義務付けられています。

女性社員によるホンネ座談会