社員紹介 その14
~U・I事業部・現場監督の立場~
[加藤建設に入社した理由]
生活するかせない都市整備関わりたい!!

私は学生時代、建築学を学んでいました。就職先も建築系の会社にいくんだろうなと何となく考えていたのですが、大学の講義で「建築は土木があるから成り立っている」と教授に言われて、考えが変わりました。

確かにその通りだと感じ、人々の生活に身近な都市整備への興味が高まりました。

就職活動では建築、土木両方の会社を視野に入れて会社選びをしました。加藤建設では建築学科出身の先輩が土木現場で活躍していると聞き、私もチャレンジしてみたいと思い、入社を決めました。

[現場の雰囲気]
行動することで現場雰囲気良くできる!

入社すると建築と土木は似ていても全く違うことを実感させられました。しかし、先輩や上司の方に一から教えていただき、今、頑張っています。

現場の雰囲気はそれぞれ違いますが、共通して言えることは、自分から積極的にコミュニケーションをとることで、雰囲気は変えられます。

自分の親よりも年上の職人さんが多く、最初は話しかけづらい雰囲気でしたが、日々、コミュニケーションをとっていると、困っている時やわからない時に助けてくれます。ですので私は普段から大きな声で自分から挨拶をすることを心がけています。

[先輩・上司について]
理解できるまで教えてくれます。

いつも優しく丁寧に指導いただいています。

現場で疑問に思うこと、不思議に思うことを先輩方に質問すると、私が理解できるまで、丁寧に資料を作って教えてくれたり、ノートに書いて説明したりしてくれます。

私が困っていたり、悩んでいたりした時には、「どうした?大丈夫か?」と声をかけてくださるのでとても嬉しく、感謝しています。

[就職活動中の学生さんへ]

私は専攻とは違う、土木という道を選択しました。

まだまだわからないことばかりですが、職場環境や先輩方に恵まれ、少しずつ成長を感じています。

皆さんも自分の学んでいる学問だけでなく、少しだけ視野を広げるといい出会いがあるかもしれませんよ。

NEXT
社員紹介

読んでみる!