社員紹介 その2
~GT事業部・現場監督の立場~
[加藤建設を選んだ理由]
人との繋がりは、新たな道への架け橋になる

建設業に絞って就職活動を進める中で、大学の友人から加藤建設のことを聞き、興味を持ちました。

最初は社名も聞いたことがありませんでしたが、会社説明会で管理職の方の話を聞いた時、仕事に対する情熱を感じたのが印象的でした。

加藤建設が最初に内定をくれた会社ですが、会社の安定性や社員の人柄、何よりも大勢の中から自分を選んでくれたことが嬉しくて入社を決めました。

[加藤建設の雰囲気]
世代えて、を持った仲間達

若い人から年配の方まで隔たりなく仲が良い職場なので、とても居心地がいいです。

みんな仕事にはとても情熱を持っており、いろいろな角度での物の見方や考え方をいつも教えていただき、勉強になります。

話しやすく、わからないこともきちんと教えてくれるので、たくさん知識を吸収して、私も後輩からの質問に何でも答えられるような頼れる先輩になりたいですね。

[今後の目標]
自ら突き動かす感謝言葉胸に。

現在は地盤改良の仕事が中心なので、専門知識をもっと高めていくことが大切だと思っていますが、ゆくゆくは他の工種についての知識も身に付け、オールラウンダーな管理者になることが目標です。

まだまだ半人前なので、失敗することもありますし、上司や先輩から怒られた回数は数知れません。

でも、現場が終わる度に元請さんや先輩から「ありがとう」という言葉をいただくと、この仕事をやってて良かったなと思います。

[学生さんへメッセージ]
がむしゃら突き進んで得られるもの

私は「終わり良ければ全て良し」と考えています。

就職活動の中では辛いこともあると思いますが、その度に落ち込んでいては良い結果は生まれません。
何度でも失敗してもいいと思います。

過程がどんなに悪くても最後に「この会社に入社して良かった」と思えることが大切です。

就職活動だけでなく、学校生活、アルバイト等、何に対しても失敗を恐れずがむしゃらに突き進んでいってください。応援しています。

NEXT
社員紹介

読んでみる!
株式会社加藤建設では、
2018年度新卒の皆様の募集を終了致しました。