エコミ―ティング活動(ビオトープ)

(仮称)カトケンビオトープ “記念植樹”

4月、今年も恒例の新入社員による『記念植樹』を行いましたよ!
まずは、木の植え方を教わり、それぞれの班に分かれて作業開始です。


まずは、植える場所に穴を掘ります。けっこう深くまで掘るためこれが大変。
そこに肥料を入れて、土と混ぜ合わせます。


木を立てて埋め戻して、たっぷり水をあげます。
最後に名前プレートを設置したら完成です!


みんなお疲れさまでした!
新入社員の皆さんも木と一緒にどんどん成長していってください!


今回、植樹したのはヤマモモ、ウラジロガシ、ヤマボウシ、ハナノキの4種類
様々な生き物が集まり、私たちも見て感じて楽しめる樹木を選定しました。

・ヤマモモ:真っ赤な美味しい実をつけます。これを目当てにどんな動物が来てくれるかな?

・ウラジロガシ:秋にどんぐりができます。高木で大きくなるので、日陰を作ってくれることでしょう。

・ヤマボウシ:白いきれいな花を咲かせ、夏にはこれまた美味しい実をつけます。早く食べたいです!

・ハナノキ:赤い花をつけるのが特徴。紅葉すると真っ赤に色づき、私たちの目を楽しませてくれることでしょう

中国原産の竹『モウソウチク』が生えているエリアに目を向けると、
3年目にして待望のタケノコが顔を出しました!!ようやくこの場所が気に入ったんでしょうかね。
もっとたくさん生えたら、タケノコ掘りしたり、育った竹で工作したり、夢が膨らみます!


そしてもう一つ顔を出しはじめのが、こちら!
皆さんおなじみの外来種『ミシシッピアカミミガメ』の子どもです。


草抜きをしていた時に、草と一緒に地面から次から次へと出てきました。こんなにもたくさん…
卵からふ化したばかりで、土の中でじっとしていたのでしょう。


ペットとして飼われていたものが、飼いきれなり、野外に放逐されて大繁殖。
生態系に大きな影響を与えています。
皆さんもペットを飼う際は、最後まで責任をもって飼うようにしましょう!