エコミ―ティング活動(ビオトープ)

(仮称)カトケンビオトープ “本社で初確認!& 調査 in ビオトープ”

今回は久々に本社のカトケンの森からお届けです。


本社の建物に何かとまっていますね。


ズームして見てみると…
『チョウゲンボウ』です。大きさはハトくらいですが、タカなどと同じ猛禽類です。


本社では初確認!
カトケンの森が成長して、生き物を呼び寄せやすくなってきた証でしょうか!?
それにしても可愛いですね~

お次はビオトープへ。
気温も低く生き物たちはまだお休みモード。


今回は10月に設置した水中エコスタックの調査を実施!


さあ、生き物たちはエコスタックを利用してくれているかな?
エコスタックを引き上げて、タモ網でガサガサ。どれどれ~


うぉー!!めっちゃいるー!
というか、冬眠中に起こしてゴメンよ~


見つかったのは、モツゴ、ヨシノボリ、スジエビ


ギンヤンマ(ヤゴ)、ウシガエル(オタマジャクシ)
※ウシガエルは特定外来生物なので駆除しました。(ゴメンね)


モツゴは27匹、スジエビにいたっては67匹もいましたよ!

今回の調査で、生き物たちの“住みか“としてしっかり機能していることが分かりました!
まさかこんなにも利用してくれているとは、、、うれしい~!

これからも生き物たちが過ごしやすい環境を作るために
どんどん工夫をしていきますよ~!