エコミ―ティング活動(ビオトープ)

(仮称)カトケンビオトープ “発見!ミズカマキリ”

風も冷たく、冬の到来を感じる時期になってきました。
今月も自然環境課へ研修に来ている新入社員の活動をご報告!

突然ですが、皆さん“エコスタック”ってご存知ですか?
エコスタックとは石や木材を積んだもので、その隙間が生きものの住処となります。


今回は、その“エコスタック”の水中バージョンを作成することにしました。
という訳で、まずは材料集め。剪定した際に出た枝や、竹やヨシを切り出して使います。


集めた材料を束ねて、麻ひもでしっかりしばると…


じゃーん! 水中版エコスタックの完成!


完成したエコスタックをビオトープの池にセッティング!
どんな生き物が来てくれるかなぁ~



そして、翌日 「エコスタックの近くに変なヤゴがいます!」との報告が…
急いで見てみると…ビオトープでは初確認の水生昆虫“ミズカマキリ”がいました! すごい!


今回の結果から、エコスタックには生き物を呼び込む“力”があることが分かりました!
今後も生物多様性を高める工夫をどんどんやっていきたいと思います!乞うご期待!