エコミ―ティング活動(社員研修)

新入社員のみんなでエコミーティング
『第二弾 生態調査を実施』

さて前回、新入社員のみんながエコミーティングを実施した現場で
実施する内容を検討したのですが、今回は生態調査を実施しました!!

さっそく調査の状況を確認。
まずは、中根さんメインで水路の生きもの調査です。
四手網と餌を仕掛けて水路を調査。もちろんタモで追い込みも実施。



さて何が捕まるかな?


さっそくカメを捕獲!!
左がミシシッピアカミミガメ、右がクサガメ…
両方とも外来種です。

網を上げると中には、色々な魚がかかっていました。

わぁ、いっぱいいる~
ホンとだ…、何かわかるんですか?
観察水槽に入れて横から見るとわかるみたいだよ。
じゃあ、入れてみよ~



何がいるのか、観察用の水槽に入れて写真を撮りながらチェックします。
みんな、生きものに興味津々!!


ギンブナ(在来)、カラドジョウ(外来)、ライギョ(外来)
グッピー(外来)、カダヤシ(特定外来)アメリカザリガニ(外来)
在来種は、ギンブナしかいません…。
カダヤシは、特定外来生物なので、陸揚げして駆除。
多かったのはライギョですね。
まだまだ稚魚ですが、大きいものは1mくらいになります。
水路の生きものを全部食べちゃう厄介者ですね。


他にもタモで捕獲していましたよ。
アマガエル(在来)、ヌマガエル(在来)、ニホンカナヘビ(在来)等がいましたよ。

地域としては、水路や休耕田があるので生きものが結構いましたが、
外来種がとても多かったです。
建設業として、地域の自然を守っていけるようにしたいとみんなが思った様です。