エコミ―ティング活動(ビオトープ管理士)

ビオトープ管理士交流会2019に参加してきました!!

2019年4月13日 当社でも取得を推進しているビオトープ管理士ですが、
全国にビオトープ管理士会の支部がありまして、
この日は、どんな活動をしているのかそれぞれが発表する交流会がありました。
会場は、東京にある国立オリンピック記念青少年総合センター。


今回は、加藤建設としてエコミーティングの活動を紹介する機会を頂きました。

会場の雰囲気はこんな感じです。


開会のあと
各支部の発表がおこなわれました。

いよいよ、加藤建設の順番です。
「ビオトープ管理士と建設業」
~企業に所属するビオトープ管理士ができること~
と題しまして、弊社の鈴木君が企業の事例として発表いたしました。



まずは加藤建設の紹介から始まり、
ビオトープ管理士の資格を活かす活動として『エコミーティング』を紹介。
具体的な調査や、保護、自然再生の事例をはじめ
地域の環境教育の実施から、今までの受賞歴などを発表。
最後は、エジプトCOP14での事例紹介や国際的なワークショップのミーティング参加、
今後の建設業で出来るグリーンインフラについてと
幅広い話題を提供できたと思います。

日本ビオトープ管理士会の高山会長のお話によりますと、
ビオトープ管理士の有資格者の構成は、
土木建築関係、コンサルタントを合わせると50%以上のようです。

私達のような建設業が、自然環境に配慮した活動を進めていかないといけないなと
あらためて感じました。

発表のあとに、懇親会があり様々な方とお話をさせて頂いた中で、

職種や年齢を超えた活動がされていることを知ったと共に
エコミーティングという建設業における環境活動の大切さを
もっともっと広めていかなくてはと、実感しました。

これからも頑張っていきますよ~!!
さあ、みんなで Let’s Eco Meeting !!

最後に、このような貴重な場で発表の機会をいただきました
公財)日本生態系協会の方々、その他関係者のみなさま
本当にありがとうございました。