エコミ―ティング活動(ビオトープ)

(仮称)カトケンビオトープ “樹木”

カトケンビオトープでは植栽工が行われました。


植栽した樹木は約60種類。
熱田の森や木曽川流域の自然植生を参考にしました。
また花や実には様々な生き物が集まり、私たちも見て感じて触って楽しめる樹木を選定しました。

また新入社員による記念植樹も行われました。
大きくなっていくのが楽しみです。



足元を見ると、ぽつぽつと野草も顔を出し始めました。
造成したばかりの裸地ですが、やはり野草はたくましいですね。


樹木に花が咲き、実がなり、野草もたくさん生えるとどんな生きいきものが集まってくるのでしょうか。
いまから楽しみでなりません。

水辺には藻がたくさん繁茂してしまっています。


適度な繁茂は大歓迎ですが、多すぎはよくありません。

単純に藻の清掃を行うよりは、藻を食べる生きものに集まってもらい バランスを取っていければ素晴らしいですね。
また、水際植物の繁茂や、樹木の生長により水辺に日影が出来ると また変化が出てくると考えられます。

今後も色々な予期せぬ事が起こるとは思いますが、
楽しみながら対応していきたいと思います。