エコミ―ティング活動(ビオトープ)

(仮称)カトケンビオトープ “石のエコスタック”

カトケンビオトープの施工が進み、敷地周囲の石積みが完了しました。


この石の積み方は“乱積み”といいます。
整然と隙間無く並べるのではなく、あえて隙間を空けているところがポイントです。
もちろん土留めとしての役割を果たしますが、乱積みとしたのには理由があります。
それは“エコスタック”の意味を持たすためです。


エコスタックとは石や木材を積んだもので、その隙間が生きものの住処となります。
ヘビやトカゲ、カエル、昆虫など様々な生きものが気に入ってくれると思います。
もちろん、裏込めにセメントなどは使っていませんよ。

生きもの目線で考えると施工方法もずいぶん変わってきますね。

ちなみにこの写真は、9月末の状況です。
今後もドローンによる全景写真は、撮影していきますので乞うご期待!!