わくわくプロジェクト  キラキラ  ビオトープ管理士資格の取得推進

ビオトープ管理士資格の取得推進

ビオトープとは

ビオトープ(BIOTOP)とは、生きもの(BIO)と場所(TOP)から成る言葉で、地域の野生の生きものたちが生息・生育する場所です。

ビオトープ管理士とは

ビオトープ管理士とは、公益財団法人日本生態系協会の認証資格で、自然の保全・復元を実践する知識を備えた技術者です。



(公財)日本生態系協会 ビオトープ管理士

建設技術+ビオトープ管理士

当社では自然との共生をめざした「エコミーティング」を実施し、自然環境配慮を提案・実施していますが、自然環境を正しく理解し、保全・復元していくためには、土木技術者としての知識・能力・経験に加え、自然環境についての基礎知識が必要不可欠です。そこで、自然環境の知識を備えた技術者集団となるべく「ビオトープ管理士」の資格取得を推進しています。

1.社内セミナーの実施

講師の先生を招いての社内セミナーを実施
受験者のみんなが顔を合わせることで、モチベーションもアップです。

2.社外研修

自然共生研究センターでの河川整備に関する研修
生物の生息しやすい河川環境を勉強しました。



埼玉県自然学習センター(北本自然観察公園)での研修
生態系と自然の関係性を含め、様々なことを勉強いたしました。



ラムサール条約登録地、
藤前干潟「藤前活動センター」「稲永ビジターセンター」での研修
干潟の生態系の豊かさ、大切さを勉強しました。



3.資格取得による環境配慮への取組

ビオトープ管理士資格取得による環境配慮への取組みは、広報誌でも取り上げられています。

最後に・・・

めざせ!! 全社員ビオトープ管理士!!

◆2017年4月現在

◇1級ビオトープ施工管理士/2級ビオトープ計画  2名
◇1級ビオトープ施工管理士  4名
◇2級ビオトープ計画/施工管理士  5名
◇2級ビオトープ施工管理士  118名
◇2級ビオトープ計画管理士  1名
◇合計  130名