わくわくプロジェクト  キラキラ  カトケンにこにこファーム

カトケンにこにこファーム

「感謝の大切さを教えてくれる大切な場所!」

“カトケンにこにこファーム”

私たち加藤建設では、障がいを持つ方の雇用促進と自立支援のため、
農園事業に参画し、野菜作りに取り組んでいます。

『ダイバーシティ推進のために』

ハンディーキャップを持った人にも、楽しくヤリガイをもって働いて欲しいという願いから、
(株)エスプールプラス様が運営する「わーくはぴねす農園」(愛知県豊明市)に
2017年2月に参画し、「カトケンにこにこファーム」を開設しました。
このネーミングは、みんなが笑顔で働いて欲しいとの思いを込めて命名されています。


農場長(管理者)のもと3名のスタッフが当社の社員として
毎日活き活きと野菜作りに励んでいます。

『おいしい無農薬野菜を提供』

ファームでは安全に配慮して、耕運機などの耕作機械を使わず、フィールド養液栽培装置
(発泡スチロールのベッドの中に土壌に代わる培地を入れて養液と水で栽培)
により手作業で野菜を育てています。
農薬を一切使わず、スタッフのみんなが粘り強く害虫を駆除することで、新鮮でおいしい野菜ができます。


今までに収穫した野菜は、ラディッシュ、枝豆、きゅうり、さやえんどう、トマト、ジャガイモ、
ネギ、レタス、スティックセニョール、ニラ、シソ、メロン等、たくさんあります。
これからもいろいろな野菜にチャレンジしていきたいと思っています。
実は、収穫や出荷作業が忙しい時には本社管理部門から応援部隊が駆け付け、
一緒に汗を流すこともあるんですよ!


『感謝の循環』

収穫した野菜は、全国の営業所へ配送され社員に無料で配布されます。
スタッフが一つ一つ愛情込めて水洗いして袋に詰め、数を数えて段ボールに入れて宅配便で発送します。
各スタッフにはそれぞれ苦手な作業もありますが、みんなでお互いをカバーし協力し合うことで
一連の業務を行っています。
また、各営業所に送られてくるのは野菜だけではありません。
スタッフからのメッセージ・カードや自筆の絵、折り紙などが野菜に添えられています。


そんな荷物を受け取った営業所からも、お礼のメッセージやプレゼントが農園に届けられます。
それらは農園内に掲示され、それを励みとして、一生懸命野菜作りに取り組みます。



農場長の細やかな気配りのおかげで、農園スタッフと全国の営業所が「感謝の気持ち」で繋がり、
社内によい雰囲気を生み出していると感じます。
また、野菜は独身寮にも送られ、食材として寮生に提供されます。
寮母さんは、送られてきた野菜をすぐにおいしい料理にして写真を撮って送ってくれます。
その写真もまたスタッフの大きな励みになっています。
寮母さんはスタッフと手紙のやりとりもしてくれていて、みんな本当に楽しそう。
感謝の気持ちってどんどん繋がっていくんですね。


私たちは、「カトケンにこにこファーム」を通じて、
多様性を尊重し、互いに相手を思いやる気持ちを持つことの大切さを学んでいます。